2017/12/31

私の従妹は小さいころから看護師に憧れていて、地元の県立高校を卒業した後、看護専門学校に進学。卒業後すぐに看護師として地元の大型病院で働き始めました。

その病院は、病床数が500以上ある急性期病院。肉体的にもかなりハードな職場だったようです。

外来受付時間は午前中のみ。大型病院ではよくあることですが、8時45分から受付が開始し、受付が終了する11時まで病院内はとにかく大変混雑していて、待ち時間が長い病院としても有名だったようです。

予約を入れても予約時間が大幅にずれ込むということもしょっちゅうあって…体調が悪くて少しでも早く診察をして欲しいと願っている患者さんからはよく苦情もあったそうです。

看護師の仕事って…テレビなどでもよく特集をされていますが、とにかくとっても大変そうですよね?今は看護師の数も不足していると言われているから、なかなか休みは取り難いみたいだし、誰かが体調を崩してしまうと、その分を少ない人数でカバーしなくてはいけないので、毎回大変なんですって。

人の命を扱っている職場なので、水は許されないという緊張感が常にあって、特に新人看護師さんは、重圧と仕事量になかなか慣れることができずに辞めていってしまう人も多いみたい。

従妹の看護師長は、とても厳しい人で、従妹も新人時代毎日のように怒られた!って言っていましたね。悪い人ではないけど、いい方がとてもきつく聞こえるから、怒られ慣れていない新人さんにはかなりきついよね~って…

看護師さんって結構入れ替わりが多い職業のようですが、転職を希望するのはもちろん新人さんだけではなく、中堅やベテラン看護師もいるみたい。

転職理由も職場のストレスや業務量に関する不満だけではなく、結婚や妊娠、出産などライフスタイルの変化というのもあるみたいですよ。

例えば、従妹の中の良かった同僚は妊娠を機に、仕事とプライベートのバランスを考えるようになって、大型病院を退職して単発の派遣看護師の仕事をしている人もいるんですって。

最近は看護師専門の転職エージェントも多いから、看護師さんもいろいろな働き方が選べるようになったみたいですよ。

従妹の友達が転職活動をしていた時に参考にしていたサイトがこちら⇒ 看護師の転職※群馬県前橋市で条件に合った求人を探す方法

女性も「仕事か家庭か」を選ばずに、両方欲張って自分らしくライフスタイルを選べる時代になったんだな~って思いました(*´ω`*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です